時不知でいこう

一口馬主の話を中心に、日々の出来事・思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

タイトルについて

時不知(ときしらず)。

親不知(おやしらず)という言葉はみなさん聞いたことがあると思いますが、時不知はどうでしょうか。

 

詳しくはwebで!

 

なんて言うとやる気のなさ満点になってしまうので簡単に説明すると早い話が、本来の漁獲時期より早めに揚がったのことです。(国内での話。アトランティックサーモンとかチリサーモンの話は知りません)

時鮭とかトキなんて呼び方もあるようですが、みなさんがイメージするであろう鮭は恐らく秋鮭のことで、時不知は北海道東岸沖で春〜夏にかけて漁獲されます。どちらも種類は同じ白鮭ですが、時不知は遡上時期とは違い回遊中に揚げられるため、身に脂が多く含まれていて、大変美味しいそうです。

 

そんな時不知をなぜブログのタイトルに使ったかというと、単純に響きがかっこよくて、特別な感じがしたから。

それと本来の意味とはだいぶ違いますが、流行に乗らず、自分の目で見て、手に取って、肌で感じたことをそのまま伝えたいというこのブログの方向性をとてもうまく表現できている言葉だと思えたから。なのです。

我ながらなかなかいいブログタイトルを付けられたと満足しています。長く続けられるといいなぁ。

 

ただ一つ言っておきたいのは、鮭は別に「秋より早めに揚げてくれ」と頼んでもいないし、時を知らないわけでもなく、人間が勝手に獲っておいて勝手にそれっぽい名前を付けただけのことだろ〜!ってことです。

時不知を食べる機会が今後あれば、人間界を代表してその点は陳謝し、美味しくいただきたいと考えています。