時不知でいこう

一口馬主の話を中心に、日々の出来事・思った事を背伸びせずそのままに綴ります。

奥さまはカリスマ美容師?

今週のお題「髪型」

 

自分の髪型に拘ったことは、あまりないですね。

サッカーの日韓ワールドカップの時にベッカムヘアーにしたのはよく覚えています。

結構ホームベース顔なので似合う髪型が限られてくるというのも、拘りがあまりない理由の一つかもしれません。キムタク風のロングとか絶対似合いませんから、基本的にショート。伸ばしてもミディアムまでです。

高専の頃は校則がかなり緩かったので金髪にしていた時期もありましたが、今その時の写真を見ると完全にお猿さんですね(笑)

髪質は母親譲りの猫っ毛でパーマまではいきませんが、伸びてくるとフワッとしてきます。

それと有難いことなんですが、毛量は相当多く、伸びるスピードもかなり早いです。歳をとっても薄くなることはないと思います。

逆に人よりも散髪の頻度が多いのが悩みです。毎回しっかり梳(す)いてもらっても、3週間もしない内にブロッコリーみたいなモサッ、モリッとした感触になります。

その度にお店に行っていたら毎月の小遣いの大半がカット代に消えていくことになりますし、1000円カットにも原因不明の抵抗感があるので行きません。

 

では私はいつ、誰に髪を切ってもらっているのでしょうか?

 

実は一番近くにカリスマ美容師さんがいるのです。正確にはカリスマでも美容師でもない私の妻なのですが(笑)

けれど侮らないで下さい。妻は手先が実に器用な人で、私が「こんな感じにして」と携帯でカットモデルの画像を見せると、バリカンとハサミ、梳きバサミ、髭剃りを駆使して、ほぼその通りの髪型に仕上げてくれるのです。ほぼというのがまたミソで、カットモデルは小顔のイケメンばかりなので少し崩した感じにしないと妙に髪型だけバッチリ決まって、私の顔との一体感がなくなってしまうのです。そこも計算に入れて(いるはず!)、カットを工夫してくれるので毎回大満足の出来です。

その証拠に、周囲の人に「うちはいつも妻に髪を切ってもらっている」と言うと「え、美容師なの?」と言う質問が返ってくるほどです。言うまでわからない、違和感のないレベルだからこその質問ですよね。何だか自分まで嬉しくなってしまいます。

カットの時間も最初は1時間以上かかっていたのが、今では掃除の時間を入れても30分くらいで終わるようになって、プロ並みに手際がいいです(笑)

そんな素敵なカリスマ美容師の妻に、タダで髪を切ってもらうのも忍びないので、いつも御礼には彼女の大好きなチョコのお菓子を手渡しています。

 

世の旦那さん(彼氏)にも、奥さん(彼女)に髪を切ってもらうことを是非お勧めします。

最初はああでもない、こうでもないと言い合いになる可能性はありますが、スキンシップの一環にもなりますし、きっと今よりももっと仲良くなれると思いますよ。

デビュー目前か

・レオパルディナ@NFしがらき

普段は背腰に疲れの溜まりやすいレオパルディナ。今回は珍しく蹄(ひづめ)に痛みが出てしまったようです。

ここまで順調に調整が進んでいましたが、こうなると一旦ペースダウンをする必要があります。

他に気になるところはないようなので、入厩できる状態になるまでしっかりと立て直してもらいたいと思います。

 

・シルヴァーナ@宗像厩舎

シルヴァーナは先々週あたりから厩舎での稽古が本格的に始まりました。

膝になるべく負担がかからないように細心の注意を払いながらここまで調整されてきたためか、先週は強めの稽古が少し堪えたようです。

すぐに回復して今週もそれなりの負荷の坂路調教が行えたのは何よりで、この後、疲れや痛みが表面化してこないようであれば、来週、再来週あたりのレースに登録していく予定だそうです。

具体的なレースはまだ定まっていませんが、入厩前の話では新潟開催中を視野に入れていたので新潟でデビューでしょうか。もし東京競馬場なら、できる限り現地で応援してあげたいと思っています。

まずはその前に、体調に何も変化がないことを祈っています。

一番に望むこと

今月4日に行われたJリーグ浦和レッズ鹿島アントラーズの試合は、首位争いを繰り広げるチーム同士の直接対決であったにも拘らず、その結果よりも試合中のあるシーンが世間を騒がせています。

 

浦和の選手が鹿島の外国人選手に対して暴言を吐いたのではないか?それが差別に当たるレベルだったのではないか?

規律委員会が両チームの対象者からその際の状況を聴取し、今日その処分が下されました。

処分の有無や重さについても物議を醸しそうですが、私が気にしているのはそこではありません。

 

当事者が真実を述べているのか。その一点だけです。

 

スポーツマンである前に一人の人間として大切なことだと思いますし、自分の言動にはちゃんと責任を持ってもらいたいです。

そして何より、純粋にサッカーの内容がクローズアップされるような面白い試合をサポーターやファンは望んでいるのではないでしょうか。

笑顔

今日は夕方に保育園へ子供を迎えに行ってきました。

 

仕事が泊まり明けだったので疲れが残っていたのですが、子供が自分を見つけて「あ!パパだ〜」という表情をして寄ってきてくれると何故だか体が軽くなるのです。

あれ、不思議ですよね。

 

子供も4月から保育園に通い始めて約1ヶ月経ちましたが、結構我慢しているところもあるはずです。

その分、休みはなるべく近くにいてあげたいです。

 

これからもその笑顔、プリーズ!

昨日の今日で

昨日GⅡの京都新聞杯を勝ったプラチナムバレットが怪我(右前脚の骨折)をしてしまい、ノルマンディー初の日本ダービー出走は残念ながらお預けです。

全治も現在のところ不明なので、どうしてもヤキモキしてしまいますが、競馬の世界でこういう時にいつも思うのは「大事に至らなくてよかった」ということです。

もちろん骨折が小さいことかと言われればそんなことはないのですが、最悪のケースである安楽死の可能性は低そうだとわかっただけでも気持ちは相当救われます。

確かにプラチナムバレットは少し使い詰めの印象はありましたが、昨日の歓喜から一転、悔しいやら悲しいやらのニュースでした。

一足先に

本日、京都競馬場で行われた京都新聞杯(GⅡ)はラチナムバレットが勝ちました。

関係者の方々、優勝おめでとうございます。

 

ラチナムバレットの馬主はノルマンディーサラブレッドレーシング(以下、ノルマンディー)で、ブラックジェイドと同じクラブです。

重賞勝利を一足先に越されてしまいましたが、実はプラチナムバレットの優勝は私にとって全く関係ないものでもないのです。

 

それは、スターズファンドというノルマンディー独自の少額投資型ファンドにおいて、プラチナムバレットにも出資しているからです。

ノルマンディーに入会する際、スターズファンドへの出資を条件に入会金が無料になるキャンペーンを行っていたので、まんまとそれに嵌ったわけですが、プラチナムバレットのおかげでスターズファンドでももしかしたら少し儲けが出るかもしれません。

 

因みに、明日東京競馬場で行われるNHKマイルカップ(GⅠ)にも、そのスターズファンドで出資しているディバインコードが出走を予定しています。

ラチナムバレットの重賞勝利を追い風に、明日はディバインコードがGⅠという大舞台で好走してくれることを願っています。

白黒赤ときて

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

 

実家に帰省中です。

 

いきなりですが、コレ初めて見ました。

f:id:tokishirazu:20170506223949j:image 

お味は…焼酎苦手なので他の霧島と似たような感じとしか言えません。

あぁ、お酒がもったいない(笑)

 

以上、こどもの日らしからぬブログでした。